特別検察官はフリン元大統領補佐官に関する捜査を開始

Onebox News·

Reuters

ウォール・ストリート・ジャーナルによるとロシア疑惑を捜査するミュラー特別検察官がトランプ陣営の一員であり政権発足後は国家安全保障担当大統領補佐官となり、政権発足前にロシア政府関係者と対ロシア制裁に関する外交を行っていた疑いに関する虚偽の発言で辞任したマイケル・フリン前国家安全保障担当大統領補佐官とトルコとの取引に関して捜査を開始していると伝えた。

フリン前大統領補佐官とその息子フリン・ジュニアはトルコのエルドアン大統領の政敵でありアメリカに亡命中の穏健派イスラム教指導者フェトフッラー・ギュレン師をトルコ政府に引き渡すという仕事を引き受け、その見返りに報酬としてトルコ政府から1500万ドル(17億円)を受け取る契約となっていたという。エルドアン大統領は以前からギュレン師の身柄引き渡しを求めていたがアメリカ政府はこれを拒否していた。

···

なぜ重要なのか:フリンは大統領選後の2016年12月中旬にニューヨーク市内でトルコ政府の高級官僚とギュレン師を確保しトルコ政府の用意したプライベートジェット機でトルコ国内の監獄島イムラリに移送する計画について話し合った。これは彼が11月18日にトランプ政権での国家安全保障担当大統領補佐官の地位を受けた後の出来事である。

NOW WATCH:サンダー・ピチャイがアルファベットの取締役に加わる