特別検察官はトランプ陣営元選対本部長を司法妨害で追起訴

Onebox News·

Howard Simmons / New York Daily News

ロシア疑惑を捜査するミュラー特別検察官はトランプ陣営のポール・マナフォート元選対本部長の証人買収の試みに関連し同氏と彼の長年の同僚(或いは右腕)でロシアの諜報機関と繋がっていたと見られるウクライナに拠点を置くロシア人の政治コンサルタント、コンスタンティン・キリムニクの計2名を司法妨害や司法妨害に関する共謀罪などの罪で新たに追起訴した

···

追起訴の背景:現在、多数の罪状で起訴され自宅軟禁下にあるマナフォートは長年の仲間であるキリムニクと共謀し今年9月に証人として証言台に立つ可能性のある人物2名に接触し事実とは異なる証言を行うよう買収しようとしていたとことが判明、特別検察官は裁判所にマナフォートの仮保釈取り消しを求めている。キリムニクはかつてロシア国防総省の軍事研究所で学んだ経験があり以前にミュラー特別検察官によって彼とロシアの諜報機関との関係が報告されている。

マナフォートの罪状:

  • アメリカに対する陰謀
  • 資金洗浄
  • 外国口座に関する不報告・不提出
  • 無登録でのロビー活動
  • 外国代理人登録法に関する虚偽報告
  • 虚偽の供述(2回)
  • 司法妨害
  • 司法妨害の共謀罪
キリムニクの罪状:
  • 司法妨害
  • 司法妨害の共謀罪

より詳しいこと:NYタイムズの記事を読む。(英語)

NOW WATCH:珍しいことじゃない!世界のカミングアウトしたスターたち