米国人の大半がドリーマーに恒久的な法的地位を与えたい

Onebox News·

Mark Wilson / Getty

政府が2013年以来の閉鎖にある中、民主党のつなぎ予算への賛成の条件は幼少期にアメリカに連れてこられた不法移民の若者の保護制度DACAの取得者(いわゆるドリーマー)の保護であり両党は金曜日の閉鎖以来、合意に至っていない。ピュー・リサーチ・センターの最新の調査によるとアメリカ人の74%がドリーマーが今後もアメリカに居住し続けることのできるように恒久的な法的地位を与えるべきだと答えた。

···

ドリーマーの困難:2017年9月にトランプ大統領はオバマ大統領時代に成立したDACAの撤廃を宣言、ドリーマーらはプログラムが正式に終了する3月5日以降に強制送還される可能性がある。

党派による分裂:ドリーマーに恒久的な法的地位を与えることについて民主党員の92%、共和党員の50%が賛成し両方の支持者で過半数の支持を得ており党派による大きな分裂はみられないが共和党員では反対も40%程度いる。

もう一つのこと:また、トランプ大統領が公約として掲げていたメキシコとの壁建設では60%が反対、37%が賛成と答えた。

より深く知る:数字で見るDACA取得者

NOW WATCH:ノーベル賞欠席のボブ・ディランに代わり出演のパティ・スミス、感動の熱唱