トランプ政権のNSC幹部、著書に大量の盗用が発覚

Onebox News·

Fox News

彼女の著書には新たな楽しみ方があるらしい。次期トランプ政権で国家安全保障会議(NSC)の幹部に起用されFOXニュース(ブッシュを生み出した実績を持つ)のコメンテーター、モニカ・クローリーの著書に大量の盗用があるとCNNが報じた。

···

CNNは「Kファイル」と呼ばれる調査チームが調査を行ったところ、彼女の著書(ベストセラーとなった「What the (Bleep) Just Happened?」)から50件以上の盗用が見つかったという。FOXニュースやAP通信、NYタイムズにウォール・ストリート・ジャーナル、果ては他のコラムニストやウィキペディアから盗用していたようで、(たぶん)おっちょこちょいな彼女はこの本に参考文献リストを付けていない。

トランプ・チームは彼女を擁護する声明を出したが、盗用については一切触れていないようだ。(彼女は1999年にも盗作問題を起こしている。本人は否定していたが。)

では最後に「最近の間違い探しには飽きたよ」という方にこの本を紹介しよう。この間違い探し(どこから文章を持ってきたのかを探し当てる労のいるゲームだ)に興味がある方は、彼女の本を読んでみるといいだろう。(後で答え合わせをしたい人はCNNの記事を見て欲しい。)だが、その1冊の印税が彼女のポケットに入ることをお忘れなきよう。

追記:この後も彼女は大学の博士論文やコラムなどでもさらなる盗用が発覚し政権入りを諦めた。そして、残念なことにこの間違い探しという新しい楽しみも付け加えた彼女の著書も回収され、既に買えないらしい。