トランプの顧問弁護士が受け取ったロシアからのお金

Onebox News·

Seth Wenig / AP Photo

トランプ大統領の顧問弁護士であるマイケル・コーエンが自身が所有するペーパーカンパニーのエッセンシャル・コンサルタンツLLCを通じてプーチン大統領と近いロシアの新興財閥(オリガルヒ)のビクトル・ベクセルベルグが支配するアメリカの会社から少なくとも50万ドルを2016年大統領選後に受け取っていたとストーミー・ダニエルズの弁護士マイケル・アベナティが暴露し、ニューヨーク・タイムズがこれを確認した

かつてトランプ大統領と不倫関係にあったポルノ女優のストーミー・ダニエルズに口止め料として支払われた13万ドルの支出元となったのが今回のエッセンシャル・コンサルタンツであり、ニューヨーク・タイムズによると同社は前述のベクセルベルグが支配する複数の企業から総額100万ドル以上の支払いを受けており、今回発覚した50万ドルを支払った会社もベルセルベルグの従兄弟が代表を務めている。ニューヨーク・タイムズはコーエンがこのペーパーカンパニーを通じてトランプが大統領に選出されてから今年1月までの間に440万ドルの取引が行われていたことを伝えている

···

なぜ重要なのか:2016年大統領選でのロシアの介入を捜査するミュラー特別検察官にとってトランプの顧問弁護士がプーチンと密接に結びついている政商と呼ばれる新興財閥からお金を受け取っていたという話は非常に興味深いものです。ベルセルベルグは現在ミュラーの聴取を受けている。

もう一つの物語:これとは別にアメリカの通信大手AT&Tが2017年に「トランプ政権に対する理解を深めるため」と称してエッセンシャル・コンサルタンツに対して金銭を支払っていたことも明らかになっている。同社は昨年タイム・ワーナー買収の政府からの承認を必要としていた。

5月12日追加:支払った金額は60万ドル。AT&Tはこの支払いに関与した政策担当責任者のボブ・クインを解任した上で、ランドール・スティーブンソン最高経営責任者は従業員向けの文書で謝罪している

NOW WATCH:アマゾン創業者ジェフ・ベゾスの最初の投資先