独裁国家ジンバブエで軍がクーデターを決行し大統領を拘束

Onebox News·

UN DISPATCH

93歳のロバート・マガベが1980年から40年近く長期にわたり実権を掌握しているアフリカ南部の独裁国家の一つジンバブエで軍によるクーデターが発生し、史上最高齢兼史上最長の大統領は現在軍により拘束され自宅軟禁状態にあるとジンバブエ軍のスポークスマンは伝えている。

軍側は占拠した国営放送局を通じこの行為が「大統領周辺にいる社会的且つ経済的なダメージをもたらしている犯罪者を標的としたものであり、任務が完了次第可能なかぎり早期に正常な状態に戻す。」と主張したが、与党のZANUーPFはこれを軍トップによる「反逆行為」だと非難している。

···

どのような経緯:先週、ムガベ大統領はムナンガグワ副大統領を解任し自身の妻を副大統領に添えるという人事を行い、副大統領と近い国軍のチウェンガ司令官から非難を受けていた。15日未明にクーデターを起こし、国営放送局を占拠しムガベ大統領や彼の妻であるグレース夫人が率いる与党内の派閥に属するチョムボ財務相を拘束した。

なぜ重要なのか:彼は未曾有のハイパーインフレによるジンバブエドルの崩壊など経済を破綻に追い込み、権力維持のために厳しい言論統制や反政府運動への武力弾圧など暴力行為に行ってきたかつての反植民地闘争の英雄は世界有数の独裁者の一人であり、そのムガベの支配による独裁国家としてのジンバブエが終焉を迎える可能性を示している。

アップデート:与党はツイッター上で「これはクーデターではなく、無血による平和的な政権移譲だ。」と伝え大統領に変わり先週大統領により罷免されたムナンガグワ元副大統領が暫定党首になると発表。また、同アカウントはムガベ大統領からムナンガグワに権力移譲が行われる可能性を示唆しているがこのアカウントにはまだ認証マークは付いていない。

NOW WATCH:大半のアメリカ人はDACA取得者が市民になることを支持