フリン前補佐官はロシア捜査への協力により実刑求刑を免れる

Onebox News·

Jim Lo Scalzo / EPA

彼は確かに有罪です。しかし、彼が自由を奪われることは決してないないでしょう。彼はその罪の前においても今や完全に自由の身です。

ロシア疑惑を捜査するロバート・モラー特別検察官は現地時間火曜日に提出された文書においてFBIへの偽証罪で有罪を認め、司法取引で捜査に協力していたマイケル・フリン元国家安全保障担当大統領補佐官に対して、捜査への十分な協力を理由に禁固刑を求めないとする考えを示した。

···

フリンの協力は:文書はフリンがこれまで19回に渡る聴取に応じたことや彼がトランプの政権移行チームとロシアとの接触に関する直接的な情報をもたらしたとしているが、文書の多くは黒塗りで捜査が今も進行中であることを示している。

なぜ重要なのか:これは非常に寛大なものです。彼はトランプ大統領誕生前の政権移行期に駐米ロシア大使セルゲイ・キスリャクと大使館内で行なった対ロ制裁解除に関する話し合いについてのFBIの虚偽の供述を行い最高懲役5年と25万ドルの罰金の可能性に直面していた。政府関係者以外が外交交渉を行なうことは違法です。この文書は陣営の一員でもあった彼が捜査において重要な役割を果たしたことを示している。

過去を振り返る:2016年アメリカ大統領選挙でトランプ陣営にいたフリンは幾度となく民主党のヒラリー・クリントンのEメール問題を攻撃し、共和党候補指名時には彼女を「監獄に入れろ」と聴衆を煽った上で、自身がヒラリーのやったことの10分の1でもしたならば自らは刑務所に入ると高らかに宣言し、再びヒラリーを攻撃した。しかし、彼は監獄には行きません。彼はいま司法取引により監獄行きを免れた。

そしてこれから:量刑は今月18日に首都ワシントンの連邦裁判所で言い渡される。

より深い場所へ:マイケル・フリンの罪を知る

NOW WATCH:トランプ元弁護士がモスクワ・トランプタワーでの偽証を認める