トランプ元個人弁護士はクリントン元大統領に近い弁護士を雇う

Onebox News·

Sean Gallup / Getty Images

トランプの長年の腹心である元個人顧問弁護士のマイケル・コーエンは自身が選挙資金法や詐欺罪などでロシア疑惑捜査の一部として捜査対象となっている中、ビル・クリントン元大統領の特別顧問として知られる弁護士のラニー・デイビスを新たに弁護団に追加した

デイビスは今後ミュラー特別検察官からニューヨーク州南地区連邦検察に移管された捜査においてコーエン側の代理人として参加する予定です。

···

なぜ不思議なのか:デイビスはクリントンの重要な擁護者であり彼は2016年大統領選の直前に国務長官時代のクリントンが機密情報を私用のメールで取り扱っていたいわゆるEメール問題の捜査を再開するとした当時のコミーFBI長官の行動が選挙を歪めたとする著書を今年9月に出版予定であるほど彼は夫妻の重要な擁護者であり、コーエンは数十年に及ぶトランプの腹心であり顧問弁護士でした。

より多くの前兆が:コーエンはトランプへの絶対的な忠誠を覆した最新のインタビューから4日後にツイッターでトランプに関する投稿やカバー写真を全て削除し、リンクトインの職歴でトランプの弁護士としての仕事が過去のものであると明示した。彼は現在、特別検察官の捜査の新たな協力者となる可能性の高い人物です。

より多くのことを:トランプの元個人弁護士はトランプ側との関係を打ち切る

NOW WATCH:30歳未満でのトランプの支持率はわずか20%に留まる