マイケル・コーエンは2月7日に議会で証言をする

Onebox News·

Drew Angerer / Getty Images

トランプ大統領の長年の個人顧問弁護士であったマイケル・コーエンは現地時間2月7日に下院監視委員会で宣誓の下で証言を行う予定です

なぜ重要なのか:コーエンは昨年12月、ロシア捜査に関連する2016年大統領選に絡む選挙への影響を与える事を目的としたトランプの不倫相手への口止め料の支払いなどの選挙資金管理法違反やモスクワでのトランプタワー建設計画に関する議会での偽証などで懲役3年の実刑判決を受けた。(3月6日より収監予定)今やトランプの手の中から離れた彼が再び議会の前で何を話すかは注目すべき事項です。少なくとも彼の新たな議会証言が大統領にとって良いものである可能性は殆どない。

コエーンは言う:「起きた出来事について完全かつ信頼できる説明をしたい。」

NOW WATCH:NSCにオルタナ右翼のバノンが参画、国家情報長官らを排除