マイケル・ブルームバーグが再び民主党に帰ってくる

Onebox News·

Andrew Burton / Getty

ブルームバーグ創業者で元ニューヨーク市長として知られるマイケル・ブルームバーグが2018年中間選挙を前に民主党員として再び登録を行ったと発表した

フラッシュバック:ブルームバーグは2001年ニューヨーク市長選において長年党員登録していた民主党を離れ共和党員となりその候補者として政治家としてのキャリアをスタートさせた。彼は2007年に共和党を離れてからは2013年まで務めたニューヨーク市長以後も無所属という立場をとっていた。ただ、彼の立場はリベラル的ないわゆるロックフェラー・リパブリカンであり、最近では中間選挙における民主党の支援のために総額1億ドルを提供するなど、かつての民主党員としての姿を取り戻しつつあった。

なぜ重要なのか?:ブルームバーグは2020年の大統領選を見据えています。彼はこれまでに幾度か民主党から大統領選に出馬するかを検討していると明言しており、今回の出来事はその一歩となるでしょう。

NOW WATCH:いま聞きたい、初めてのボブ・ディラン ベスト5曲