メキシコ政府のメディア・コントロール

Onebox News·

Reuters

メキシコにおいてメディアの最大のクライアントは政府です。国民の半数以上が貧困層であるメキシコでは多くのメディアが政府の巨大な広告費に依存しており、ニューヨーク・タイムズによるとエンリケ・ペーニャ・ニエト大統領は就任から5年間で20億ドルをメディアに広告費として投じてきた。これは歴代の大統領で最大であり、どの新聞やテレビやラジオ局を見ても多くの部分を政府機関の宣伝が占めている。

メキシコでは連邦政府と州政府の職員が定期的にメディア幹部や記者に対して何を報じるべきか、あるいは報じてはならないかを指示しており、重要な問題は矮小化されたり、あるいは報じられることがなくなる。それは主要メディアを政府が支配するロシアと非常に似ており、メキシコのジャーナリストの3分の2が自己検閲をしていることを認めている。

···

なぜ重要なのか:メディアの最大のクライアントであり、既にニュースへの介入を見せているメキシコ政府は明らかに民主主義の根幹である報道の自由を脅かしており、それは将来的により拡大し悪化する可能性があります。

NOW WATCH:納期延期を繰り返すMRJに初のキャンセル