有罪判決もメッシは収監を免れる

Onebox News·

ESPN

バルセロナのリオネル・メッシは416万ユーロ(約5億2110万円)に及ぶ脱税に関する裁判でスペインの最高裁判所は禁錮21ヶ月、罰金209万ユーロ(約2億6180万円)の有罪とする判決を下した下級審の判断を支持しメッシの上訴を棄却した。しかし、収監は免れる可能性が高い。

この脱税はメッシとその父ホルヘ・オラシオの二人が2007年から2009年にかけてイギリスやスイスなどの複数の国に所有するペーパーカンパニーを通じてアディダスやペプシコーラなどから得たメッシの肖像権収入の416万ユーロ(約5億2110万円)を脱税したというもので、親子は昨年7月に有罪判決が下された。親子は判決を不服として上訴を行なったが、今回最高裁判所はその訴えを退けた。

昨年、公表されたパナマ文書でもメッシと父ホルヘは名前が出ている

···

なぜ収監されないのか:スペインでは非暴力犯罪かつ初犯であり2年未満の禁錮刑の場合には執行が猶予されるのが慣例となっている。しかし、あくまで慣習であるためゼロではないが、限りなく低いと言える。

サッカー界に広がる脱税:昨年にはチームメイトのネイマールが19億円近い脱税により一時資産を凍結されている。脱税に至るケースの多くでは財務管理を父親、あるいは家族が務めていることが多い。メッシと同様ネイマールも父親が財務マネージャーをしている。また、財政難に苦しむスペインはスポーツでも特に高額な報酬を得る選手が多いリーガエスパニョーラの選手らに対して脱税の追求を強めている。更にここ数十年での選手への年俸高騰が脱税の規模を拡大させ追求に拍車をかけている。

NOW WATCH:アルパイオに対するトランプ大統領の恩赦への反応