オバマケアの一部廃止を目指したスキニー法案は否決される

Onebox News·

AP Photo / J. Scott Applewhite

既にオバマケアの廃止・代替に関する全ての挑戦で敗北を喫している共和党指導部はオバマケアの一部を廃止することを目指し最後に出したスキニー・リピール法案はジョン・マケイン、スーザン・コリンズ、リサ・ムルコウスキーの三人の共和党造反者を出し最終的に 賛成49票反対51票で否決された。

法案を通すためには造反を2名以内に納める必要があった。

···

マケインは:スキニ―・リピール法案がオバマケアの代替をするには不十分な内容とみており、上院がこれを可決した場合に下院が修正を加わらず可決されることを懸念した。マケインは下院が法案を修正するために上院と協議するという確かな保証がない限りは賛成票を投じないと言った。マケインの動向に法案の生存が左右されることもあり、ペンス副大統領は長時間に渡りマケインを説得しようと試みたり、圧力をかけたりしたが結果として彼は可決のために2人以内とされていた造反者の3人目として票を投じ、この法案を墓場へ葬り去った。

共和党は:この一連の敗北は民主党がいない場合にも共和党が法案を可決できないことを示している。共和党はオバマケアの廃止・代替に関して消極的になるだろう。ロン・ジョンソンを始めとする複数の共和党議員が言うように今後は税制改革などオバマケア以外の部分に焦点が移る可能性が高い。オバマケアは民主党やスザーン・コリンズなどの穏健派が主張するように基本的に維持しながら個別の問題のみを改善していくという方向に移る可能性が高い。

大統領は:「3人の共和党議員と48人の民主党議員が国民を失望させた。始めから言っていたようにオバマケアの自滅を待ち、それから手を打てばいい。」

結果として:共和党は全てのオバマケアの廃止、置き換えを目的とした法案の採決で敗北した。

NOW WATCH:マケインが共和党の税制改革案に反対票を投じる可能性