Mashableが評価額の1/4以下で身売りへ

Onebox News·

via The Drum

月間4500万PVを誇るオンラインニュースサイトのマッシャブルをJ2グローバルのデジタルメディア部門であるジフ・デイビス(ZD)が5000万ドルで買収したとウォール・ストリート・ジャーナルが伝えている。今回の買収額のタイム・ワーナー傘下のターナー・ブロードキャスティングから1500万ドルの調達を行なった時の評価額2億5000万ドルの4分の1にも満たなず、同社はこれまでに4500万ドルを調達している。

マッシャブルは当初新たな資金調達の可能性を模索していたが上手くいかず、ブルームバーグによると今年の8月頃には全面的な売却を決め買い手を探していたという。ZDはオンラインメディアの拡大を目指しており昨年にはゴーカー・メディアの買収を試みたが失敗している。

···

なぜ重要なのか:マッシャブルは2005年にスタートしたオンラインメディア企業の先駆けであるが、近年は収入の拡大に苦しみ動画へのピボットを図っており、動画への訪問者は数百万人を超えているとされているが、バズフィードとヴァイス・メディアが2017年の売上目標を達成できないと伝えられている中でのマッシャブルのニュースはオンラインメディア企業の収益モデルや評価額に対する疑問を投げかける。

NOW WATCH:トランプ大統領は突如Twitterで国務長官の解任を発表