マクロン大統領は初の総選挙で過半数獲得に迫る

Onebox News·

CNBC

大統領選を勝利した若きフランスの指導者エマニュエル・マクロンは初めての総選挙に設立間もない自身が率いる政党で大きな勝利を手繰り寄せている。そして、それは多くの人々が心配した既存の政治基盤を持たない大統領が何もできないという未来予想図を打ち消すことになるだろう。

···

右派、左派などが入り混じったマクロン新党の「共和国前進」の最大の問題は6月に控えた総選挙でどれだけの議席を獲得できるかだった。多くの見立ては大統領選に勝利したとはいえ高い浮動票に支えられた(と言われている)マクロン大統領が総選挙で絶対過半数を獲得するのは困難であり、連立をした上での難しい政権運営を迫られるといのことだった。

だが、複数の調査会社による最新の世論調査はこの新党が結党後初めての選挙で議席の過半数を獲得する公算が高まっていることを示している。また、同時にこの新たな世論調査は台頭する極右(国民戦線)、極左勢力(左翼党)と大統領新党に押されこれまでフランス政治を動かしてきた共和党と社会党による二大政党制が今回の選挙で終りを告げることを表している。

予想獲得議席数/オプニオンウェイ

  • 改選定数:577議席(過半数289議席)
  • 予想獲得議席数:310〜330議席
  • 他党獲得予想数:共和党140〜160議席、社会党25〜30議席

···

予想得票率/オドクサ

  • 共和党前進(マクロン):29%
  • 国民戦線(ルペン):17%
  • 共和党(二大政党):15%
  • 左翼党(極左):15%

···

NOW WATCH:アメリカで最も下位99%の年間所得が高い州&低い州