Lyft、Q&Aサービスのファイナイト・パスを買収

Onebox News·

Lyft

競合であるUberが数々のスキャンダルに見舞われる中、その最大のライバルであるLyft(リフト)は積極的なサービスの拡大を推し進め、最近は遂に100を超える地域で利用できるようになったが、これからのその巨大化した同社の大規模インフラの改善に取り組む為にQ&Aサービスに取り組むFintePath(ファイナイト・パス)を買収するという判断に至った。

···

ファイナイト・パスは自社のウェブサイト上で配車サービスのリフトに買収され、そのチームに加わることを正式に発表した。今回の買収について金額や条件などの詳細な契約内容は分かっていない。

買収されたファイナイト・パスはモバイルアプリ(iOS・アンドロイド)で社会的な質問や地域性の高いローカルな質問に答えるQ&Aサービスを提供している。最近、ピンタレストに買収されたジェリーも似たようなサービスを展開していた。

今回の買収についてリフトのエンジニアリング担当副社長のリュック・ヴィンセントは「私たちはバラージ(共同創業者)とヴィネイ(共同創業者)がチームに加わることを非常に興奮しています。彼らは、大規模なインフラとサービスを構築に関する豊富な経験を持っています。この経験が、リフトのユニークな課題に取り組み、コミュニティを成長させるのに役立つ重要な役割を果たしていると確信しています。」と述べている。

···

ファイナイト・パス共同創業者のヴィネイ・カカデはインドのアマゾンでエンジニアをしていて、もう一人のバラージ・ラガバンは11年に渡りグーグルで働いていた。

ファイナイト・パスは2016年2月に設立された1年程のスタートアップで、これまでに資金調達などは行っておらず、2人の創業者のみで構成されるスタートアップと見られる。このQ&Aサービスは2週間前後でシャットダウンされる予定だ。

NOW WATCH:トランプ「軍拡競争になればいい」プーチン大統領からは手紙も