コーク兄弟はDACA撤回への反対キャンペーンを開始

Onebox News·

Koch Brothers

アメリカの大富豪コーク兄弟はトランプ大統領によるDACA取り消しによりプログラム取得者の若い移民が危険に晒されるとして、兄弟が主導する保守派の政治ネットワークを動員し議会に対してDACA取得者を保護するように働きかけるキャンペーンを開始するとデイリー・ビーストが伝えた。

···

なぜ重要なのか:強烈なリバタリアニズムを持つ二人の大富豪コーク兄弟は共和党、特にフリーダム・コーカスと呼ばれる保守派グループに絶大な影響力を持っている。多くの共和党議員はコーク兄弟から資金提供を始めとする支援を受けており、兄弟が特に影響力を持つ保守派グループがより厳しい移民政策を主張しているが、彼らは兄弟のこの動きを支持にすることでしょう。

もう一つのこと:現在、様々な問題において党派による隔たり、対立が叫ばれる中でトランプ大統領によるDACAの撤回は民主党や共和党、リベラルに保守と立場や党派性を超え共通の主張がなされる非常に稀なケースである。

NOW WATCH:アマゾン創業者ジェフ・ベゾスの最初の投資先