ジョン・マケインは延命を止め最後の時を過ごしている

Onebox News·

ABC News

不死鳥は今や自らの死への歩みを止めていない。ベトナム戦争とその後の長い捕虜としての拷問の日々を生き抜き、31年に渡り上院議員としてを務め、大統領選では民主党のバラク・オバマと闘った気骨ある共和党上院議員ジョン・マケインが悪性脳腫瘍の延命治療を中止すると彼の家族が発表した

中止は本人の意思に基づくもの。マケインは昨年7月にグリア芽腫と診断、以降は自宅のあるアリゾナ州の農場で療養を続け12月を最後に議会には出席していないが、病床から外交政策や軍事政策に関する声明を出し続け、最近ではプーチン大統領とトランプ大統領の首脳会談を非難する声明を出している。

···

なぜ重要なのか:マケインは今や死への歩みを止めていない。彼は家族と共に故郷で最後の時を過ごしており、その終わりはそう遠くない場所にあります。

より多くのこと:ニューヨーク・タイムズによると彼の家族は自宅に集まっており、関係者によると既に死が迫っていると述べている。

マケインの死::「81年の生涯に幕を閉じたジョン・マケインを振り返る

NOW WATCH:上院司法委は特別検察官を守るための法案の採決に踏み切る