新たな報告書は税制改革で6割の世帯が減税を受けるという

Onebox News·

J. Scott Applewhite / AP

現在最大の焦点である税制改革の本会議が明日午前1時頃(アメリカ東部金曜日午前11時)が再開されるが、採決に先立ち超党派による税務合同委員会が公表した最新の報告書によると上院の税制改革案が成立された場合、全世帯の60%が100ドル以上の減税を受けるとしている。この効果は時間の経過と共に薄れ、2027年には16%にまで低下すると見ている。

また、報告書によると世帯の38%が減税額が100ドル以下となるかあるいは増税になるとしている。上院案では、法人税率を35%から20%に恒久的に引き下げる予定だが個人の所得税率引き下げは2025年以降に終了する。

···

もう一つのこと:同委員会の発表では税制改革により10年間で8%の経済成長が見込め4580億ドルの税収の増加が見込めるとしているが、これは減税により10年間で失う1兆5000億ドルには1兆ドル足りなく、コーカーなど複数の緊縮財政派らは財政赤字を穴埋めするほどの経済効果が見込めない場合には自動的に税金を引き上げる条項を法案に盛り込むことを求めており交渉が難航している。

NOW WATCH:トランプ大統領はエルサレムをイスラエルの首都と宣言