日本経済は高齢者に依存している

Onebox News·

AP

日本の出生数は2016年に初めて100万人を下回り、世界で最も高い平均年齢と長い平均寿命を持つ中で多くが定年を過ぎた後も国の重要な労働力となっている。ニューヨーク・タイムズによると65歳以上の日本人男性の実に半分が賃金の伴う労働をしている。これは同じ年齢のアメリカ人男性の33%、ヨーロッパの10%と比べて非常に高い。

···

なぜ重要なのか:日本は他の国々に先駆け超高齢化社会に突入することは、将来的にそれを経験するであろう多くの先進国にとっては重要な研究対象となります。子どもが減り、平均年齢が上昇し、若い労働力が減少する未来に突き進む中でどのように経済と労働力を再構築するかは重要なことです。そして、そこには労働力を補うためにオートメーション化などが進む余地があります。

NOW WATCH:写真で見るテスラ初の電動セミ・トラック