自民・公明・維新・希望VS立憲民主・共産・社民

Onebox News·

KYODO

ここ数日の間に対立軸はよりシンプルに分かりやすいものになったと言えるでしょう。小池都知事は自民党との連立の可能性を否定せず原発ゼロという主張も既にトーンダウンしている。一連の排除発言や希望の党の議員のメンバーや最近の右派政党の維新との連携、リベラル派による新党・立憲民主に対抗馬を立てるという方針などを見る限り、希望の党はより右派的な自民党のようなものであり安倍首相率いる自民党の代替的選択肢とは決していえないでしょう。

既にこの選挙は安倍VS小池などではなく、本質的には自民・公明・維新・希望VS立憲民主・共産・社民と見るべきでしょう。これが政権選択選挙と言うならば希望の党は自民党の向かい側には決していないでしょう。

···

なぜ重要なのか:小池都知事は希望の党を政権の対抗勢力だと言うが実際には彼女と安倍首相との政策のギャップは小さく、それはまるで同じ箱の中に入っているコーティングの違ったチョコレートのようなものです。本質的には何ら変わりはありません。

いま確かなこと:希望の党は安倍首相率いる自民党の反対票が集まる場所ではありません。

より深く:「安倍VS小池の様相も本質的な違いは殆どない」

NOW WATCH:ジェイ・Z、ベンチャーキャピタルを設立へ