まだ世界人口の過半数がインターネットを利用できない

Onebox News·

Sven Torfinn / Oxfam

インターネットは人々の生活に深く根ざし、私たちはパソコンやスマートフォンやテレビなどを通じて多くの時間をオンライン状態の世界に生きているが国連の新たな報告書によると世界人口の過半数の52%は現在もインターネットを利用できていない。

···

彼らはどこにいるか:

  • アジア太平洋:62.2%
  • アフリカ:17.8%
  • アメリカ州:8.1%
  • アラブ諸国:5.8%
  • ヨーロッパ:3.4%
  • CIS:2.7%

インターネット:2017年内に世界人口の48%に相当する35億8000万人がインターネットを利用するでしょう。前年同期比で2.1%、約1億8000万人が今年新たにインターネットにアクセスし始める。

なぜ重要なのか:グローバル化の中でインターネットにアクセスできない人々は世界から切り離され、それは結果として多くのギャップを生む危険性がある。また、この52%の数字はインターネットにはまだ多くの可能性が残っていることを教えてくれる。

もう一つのこと:世界のほぼ全ての地域でインターネットの利用率は男性が女性を圧倒している。これは世界的に女性がより多くの情報を得る機会を失っている事を示している。

NOW WATCH:トランプの主任弁護士はロシア捜査反対派の弁護団入り後に辞任