欧州で反ユダヤ主義とホロコーストへの無知が拡大している

Onebox News·

Milos Bicanski / Getty Images

最新の世論調査は欧州で反ユダヤ主義と600万人ものユダヤ人の命を奪ったホロコーストに対する無知が広がっていることを示している。CNNの報告によると欧州7ヶ国の33%はホロコーストについて殆ど或いは全く知らないと答え、同じく31%がユダヤ人が自らの立場や目的達成の為にホロコーストを利用していると答えた。

···

世代による違い:ホロコーストに対する知識の欠如は若者の間で顕著で18歳から34歳までのヨーロッパ人の38%がホロコーストについて殆ど或いは全く知らないと答え、内7%はホロコーストを聞いたことがないと答えた。同様に聞いたことがないと答えた人は35歳から54歳で4%、55歳以上で0.85%だった。

なぜ重要なのか:僅か75年前ホロコーストによえい約600万人ものユダヤ人が命を奪われたが、今やホロコーストへの知識の欠如と反ユダヤ主義は拡大している。

数字で見てみる:

  • ヒトラーの生まれ故郷であるオーストリアの18ー34歳の若いオーストリア人の12%がホロコーストについて聞いたことがないと答えた。
  • 全体の44%が自国で反ユダヤ主義が増大していると答え、19%がそうは思わないと答えた。
  • 全体の40%がユダヤ人が自国で人種差別に基づく暴力の危険に晒されていると答えた。
  • 全体の23%がユダヤ人が他の人々と比べ世界中の対立や戦争に多大な影響を与えていると答えた。
  • 全体の20%がユダヤ人が他の人々と比べ世界中のメディアに影響を多大な影響を与えていると答えた。
  • 全体の22%がユダヤ人が他の人々と比べ世界中の政治情勢に多大な影響を与えていると答えた。
  • 全体の28%がユダヤ人が他の人々と比べ世界の金融やビジネスに多大な影響を与えていると答えた。
  • 全体の35%がイスラエルがその行動を正当化するためにホロコーストを利用していると答えた。ポーランドでは47%に達した。
  • イギリス人の18%、ポーランド人の19%、ハンガリー人の24%がユダヤ人は世界人口の20%以上を占めていると答えた。実際には0.2%です。
  • 全体の56%が自分がこれまでユダヤ人と交流したことがあるか分からないと答えた。

世論調査の概要:ロンドンに拠点を置く調査会社コムレスによってオーストリア、フランス、ドイツ、イギリス、ハンガリー、ポーランド、スウェーデンの7ヶ国で各1000人以上の合計7092人へのインタビューを元にまとめられた。

NOW WATCH:スナップチャット、過去に22億円以上を創業者に貸していた