アメリカ人の多くは特別検察官の解任は間違っていると考える

全体、民主党員、共和党員、無党派層における違い

Onebox News·
アメリカ人の多くは特別検察官の解任は間違っていると考える
Getty

最近のトランプ大統領のセッションズ司法長官に対する非難と辞任を求める行動はその背後に一連のロシア疑惑を調査するロバート・ミュラー特別検察官の解任が見え隠れする。しかし、ポリティコ/モーニング・コンサルトの最新のレポートは多くのアメリカ人はミュラーを解任することは間違っていると考えていることを確かに示している。

もし大統領が特別検察官を解任する場合それは適切でしょうか?:

  • 全  体:22%が適切と考え、48%が不適切と考える。
  • 民主党員:11%が適切と考え、67%が不適切と考える。22%は意見がない。
  • 無党派層:19%が適切と考え、47%が不適切と考える。34%は意見がない。
  • 共和党員:37%が適切と考え、29%が不適切と考える。34%は意見がない。

···

フラッシュバック:今年5月に行われた調査では全体の34%が解任が不適切だと答えた。

ここには:明らかな党派による隔たりが見える。そして、共和党と無党派層の多くには意見がない。

NOW WATCH:Okta、IPOへ 時価総額12億ドルで1億ドルを調達

···