下院共和党の税制法案は10年間で1兆ドルの赤字を追加する

Onebox News·

GOP

上院で共和党の税制改革案が可決され、現在両院での案の合意形成が進められる中で超党派による議会税務合同委員会は下院共和党案が10年間で4830億ドルの増収をもたらすであろうと結論づけた。しかし、これは10年間での減税分1兆4000億ドルには大きく及ばず最終的に1兆ドルの連邦赤字を追加するであろうと述べた。

これは以前スティーブン・ミンチン財務長官が最終的に減税分の赤字を埋めた上で更に1兆ドルを超える税収をもたらす、つまり2兆4000億ドルの増収が見込めるという主張からは大きくかけ離れている

もう一つの視点:ロイター/イプソスの最新の世論調査によると反対が49%に上り、一方で賛成は30%ほどで可決されて以降も法案は未だ多くのアメリカ国民の支持を得られていない。

NOW WATCH:Lyftは売上高を3倍以上に拡大させ損失は縮小している