ベゾスの両親はアマゾンへの投資で数百億ドルのリターンを得た

Onebox News·

現在、世界一の大富豪はアマゾンの創業者ジェフ・ベゾスだが、彼の両親もまた彼が創業したアマゾンへの投資で数百億ドル規模の資産を築き上げている。

ブルームバーグによるとベゾスの母ジャッキーと義理の父マイク・ベゾス(ジャッキーは16歳の時にベゾスを妊娠し結婚するが17ヶ月で離婚しベゾスが4歳の時に銀行でアルバイトをしていた移民の大学生マイクと再婚した)は1995年に前年に設立されたアマゾンに24万5573ドルを投資した。

ブルームバーグによると両親が現在開示されている株式の寄付以外の株式を所有している場合、持分は1660万株(3.4%)で子ジェフに次ぐ個人大株主でその価値は296億ドルに達し、その投資リターンは23年で1206万705%となる。アマゾンは3回の株式分割を行なっている。

また、保有株式が570万株である場合でも株式は112億ドルの価値を価値を持っており、リターンも498万7644%となる。

···

もう一つの物語:当初はアマゾンに懐疑的であった両親だが、1995年に投資を決めた。子のベゾスは両親に70%の確率で投資したお金が戻ってこないかもしれないと告げた。両親は息子から見せられたアマゾンのビジネスプランが理解出来なかったが息子の可能性に賭けることにした。

より多くのこと:ベゾス家の億万長者はジェフ・ベゾスやその両親だけではありません。慈善団体で働く弟のマーク・ベゾスと妹のクリスティーナ・プアの二人は1996年にアマゾン株3万株を1万ドルで購入しており、この株式は現在では6億4000万ドルの価値を持っている。

NOW WATCH:Uberはアメリカでのシェアを失っている