ロシアによる投稿をアメリカ人の半数以上が目撃していた

Onebox News·

Onebox News

フェイスブックによるとロシア政府の支援を受ける組織によるアメリカの分断を目的としたコンテンツをアメリカ人の半数以上になる1億2600万人が見ていたことが明らかになった。これは同社が以前開示した数値よりもはるかに巨大なものだ。

同社によるとこの組織は470ものアカウントを通じて2015年1月から2017年8月までの間に合計8万件もの投稿を行なっており、また上記470アカウントは3000件を超える広告を出稿していた。投稿の大半は人種差別などの社会的、政治的問題に関するものだった。

またこの組織はアメリカにおける対立する運動の双方に潜り込み、オンライン上でイベントの支援などをしていたことも新たに分かっている。

···

なぜ重要なのか:ロシア関連のコンテンツは私たちが思っていたよりもずっと前から、そしてより広範に渡り到達していた。

もう一つのこと:ロシア政府の支援を受けるこの組織は他にもツイッターに2700を超えるアカウントとユーチューブにも18の関連するアカウントが発見されており、またグーグルにもフェイスブック同様に広告を出稿していた。

NOW WATCH:複数のホワイトハウス関係者が私用メールで公務をしている