グルーポンが買い手を探している

Onebox News·

Getty

グルーポンは独立企業としての10年間の末に身売りを模索している。リコードによるとグルーポンの幹部と同社の代理人を務める銀行業者は過去1ヶ月の間に複数の公開企業(上場企業)らに対して接触を図り同社を買収することの価値を説くアプローチを行なっていると伝えた。

···

グルーポンの春:振り返ってみると2008年の創業から2011年に160億ドルという、当時のテクノロジー株で2番目に巨大な企業となった株式公開の日がグルーポンが最も輝いた時なのかもしれません。同社は1年前にはグーグルからの60億ドルの買収提案を拒否している。

グルーポンの今:7月7日現在、グルーポンの時価総額はグーグルの買収提案額の半分にも満たない僅か24億ドルです。同社の売上高は昨年に30億ドルを突破したが2017年期では一転して減収に転じて14年期の28.58億ドルを下回る、前年比5.6%減の28億4387億ドルとなっている。一方で17年期では14年期以来となる2943万ドルの営業利益と2662万ドルの純利益を計上しているが、同社の先行きの不透明さから株価は現在も長い下落傾向にあります。

より多くのこと:総資産は17年期に16億7750万ドルで13年期の20億4201万ドル以来減少傾向にあり、純資産は8億8012億ドルで15年期の8億2430万ドル以来増加傾向にあるが、ワーキング・キャピタルは15年以来赤字であり17年期には6105万ドルの赤字だった。

過去を振り返る:グルーポン、シンガポールから撤退へ 国際事業は大幅縮小

NOW WATCH:裁判所が司法省の訴えを退けAT&Tのタイムワーナー買収を承認