48%が政府閉鎖の危機が共和党と大統領の責任だと答えた

Onebox News·

Shutterstock

ワシントン・ポストが伝えたABCニュースの世論調査によると議会がつなぎ予算可決に必要な票を集めれず政府閉鎖の可能性に直面していることについて全体の48%がその責任が共和党とトランプ大統領にあると答えた。これは次点の民主党の28%よりも大きく、18%は両者に責任があると答えた。

民主党は現在、トランプ大統領が廃止した幼少期にアメリカに連れてこられた若い移民を保護する制度DACA取得者が今年3月5日のプログラム終了に伴い強制送還される可能性があることからその保護を盛り込むように要求している。また、3名の共和党議員が現行計画での反対票を表明している。

···

より詳細に:政党別では民主党員の78%が大統領・共和党、8%が民主党に責任があると答えた。共和党員では14%が大統領・共和党、66%が民主党に責任があると答えた。無党派では46%が大統領・共和党、25%が民主党と答えた。

なぜ重要なのか:民主党にとって政府閉鎖における最大の脅威は批判が民主党に向けられることであり、それは共和党の交渉における重要なカードにもなる。特に今年8月に選挙を控える10人の民主党議員は昨年の大統領選でトランプが勝利した州での再選を目指しており、彼らは政府閉鎖が自身への批判に結びつくことを恐れている。

確認すべきこと:政府の閉鎖を回避するためには理論上すべての共和党議員の賛成票の他に49人いる民主党上院議員の内10人の賛成票を必要としている。そして、現在党内でも反対票や潜在的な反対票がいる中で60票を獲得することは大きな困難である。

NOW WATCH:なぜトランプ大統領はFBI長官を解任したのか