世界的なアプリの収益は2017年に35%増加した

Onebox News·

Shutterstock

センサータワーのレポートによると昨年2017年にモバイルユーザーがアップストアとグーグルプレイにもたらした収益は前年比で35%増加し、586億ドルに達した。これにはアプリ内課金や有料サブスクリプション、有料アプリの購入などが含まれる。

また、モバイルゲームは2017年に前年比30%の成長を遂げ483億ドルの収益を生み、アプリ全体の収益の82%を占めた。

···

より詳細に:アップストアは2017年に385億ドルの収益をあげ前年比で34.7%の成長、一方のグーグルプレイは201億ドルの収益をあげアップストアとほぼ同様に34.2%の成長を遂げた。

別の視点で:一方で2017年のダウンロード数ではグーグルプレイが280億ダウンロードされ前年比で6.7%の成長を見せたのに対してアップストアは640億ダウンロードを記録し前年比ではグーグルプレイを大きく上回る16.7%の成長を遂げた。

今後の展望:昨年に伝えた2021年までにアプリ利用者が2016年の34億人から63億人まで拡大し、人々がアプリに年間3.5兆時間(2016年は1.6兆時間)を費やするようになるというレポートは人々がより多くのお金をアプリに費やすることを示している。

NOW WATCH:Google親会社の2018Q1はアナリスト予想を上回る