日本の人口減少はより加速している

Onebox News·

Unknown

日本の出生数は昨年に1899年(調査開始)以来初めて100万人を割り込み、98万1000人と1974年の半分以下となっている。日本人の数は8年連続で減少し最近の1年で30万人減少した。

そして、多くの人の見立て通り日本の人口減少は今後も続くでしょう。低い出生率は経済の縮小を招き、また世界的に長寿な国であるということは減り続けるより若い労働世代が大きな負担を負うこととなり、結果としてそれは出生率の低下を加速させることでしょう。

···

過去20年では:日本の名目GDP成長率はどの国よりも低く、殆ど成長していない。そして、その原因の多くは人口の減少に由来する。首都とその周辺への移住が進み、47都道府県中、41で人口が減少した。人数では北海道が最大で3万3593人減少し、減少した割合では秋田県が1.34%で最も大きい。

高齢世代の上昇:日本の出生率は1年で2.9%減少し、過去最低を記録している。65歳以上が占める割合は全体の27.2%の昇り、これは14歳以下の12.7%の倍以上である。そして今後も上の世代の割合は上昇し、一方で下の世代の割合は低下すると考えられている。

もう一つのこと:結果として有権者の高齢化が進み、若者世代を支える政策が減少する可能性があります。高齢世代が占める割合が上昇を続けることは結果として政策の多くが最大の有権者勢力である高齢世代に偏り、より若い世代へ向かなくなる危険があり、それはより低い出生率を招く可能性がある。

なぜ重要なのか:人口減少の加速は結果としてこれからのより少ない若い世代がより大きな数の高齢世代を支えることを意味します。人口の減少は経済を縮小させ、より若い世代への負担を増大させ、結果としてより低い出生率を推し進めることとなるでしょう。そして、現在の日本は明らかにその負の連続性の中にいる。

NOW WATCH:スナップの幹部は自社株の売却を始めました