共和党税制改革は予想よりも赤字を拡大させる可能性がある

Onebox News·

Unknown

無党派のシンクタンク・責任ある連邦予算委員会の試算によると共和党の税制改革案が通った場合、10年間でのコストは減税により失う税金1兆4100億ドルに加えこれに伴う追加の利息費用として2600億ドルの計1兆6700億ドルに達すると見られが、定められた限度額1兆5000億ドルを超える可能性が高いとしている。また、5年後には更に利息を含む法案延長の費用として追加で4300億ドルの費用を追加する見通しで10年間の実質的な総コストは2兆1000億ドルに達する可能性があり、これは別のシンクタンクPWPMの予測2兆ドル〜2兆2000億ドルとほぼ一致する。

これは税金を減らすことには一致しているが、赤字拡大を懸念している共和党議員にとって非常に気がかりな報告です。また、共和党の修正案が税制改革にオバマケア改正を結びつけたことは問題をより複雑に、大きくしている。

···

もう一つのこと:エコノミストの予想によると共和党の下院または上院の税制改革案が通過した場合には、短期的に経済の活性化が起こるもののこれがGDPや賃金の引き上げに繋がる可能性は低いと伝えている。

より深く知る:共和党による税制改革修正案の最初の造反者

NOW WATCH:上院情報委はフリンに2つの新たな召喚状を発動