英メイ首相は2回目のブレグジット投票がないと明言

Onebox News·

Reuters / Matt Dunham

イギリスのEUからの離脱を問う国民投票は大多数の人々の予想に反して離脱賛成が多数を占めた事に始まり、離脱に反対していたキャメロン前首相の辞任と現在までに続く混乱へと繋がったが、その職務を引き継いだテリーザ・メイ首相は新たな投票の可能性を改めて否定した。

ミュンヘンで行われた安全保障会議の中でメイ首相は「既にEUからの離脱は決定事項であり新たな国民投票は問題の解決にはならない」と述べた。

···

フラッシュバック:昨年12月に公表されたメール・オン・サンデーの世論調査によると50%がEU離脱の最終条件の是非を問う新たな国民投票を行うべきだと答え、34%が反対し、16%が分からないと答えた。

より多くのことを:イギリスはEU離脱に伴い500億ユーロ(最大550億ユーロ)を支払うことで合意したと伝えられているが、31%が一銭も支払うべきではないと答え、支払いをすべきだと答えたのは僅か11%に留まっている。

NOW WATCH:大半の米国人が教師にもっと多くの給与を払うべきだと考えている