中国は北朝鮮への石油輸出を完全に停止している

Onebox News·

Reuters / Joseph Campbell

この問題における重要なプレイヤーでもある中国が11月に北朝鮮に対して石油製品を輸出していなかったとロイターは伝えた。これは核ミサイルを背景に緊張を高める北朝鮮への国連での経済制裁に対応したもので、ガゾリン、軽油、ジェット燃料、重油などの石油製品の輸出が停止された。

ガソリンと軽油が輸出されなかったのはこれで2ヶ月連続であり、ジェット燃料の輸出が停止されたのは2015年2月以来のことである。また中国の今回の石油製品の輸出ゼロは今年の始めに国連で決議された制裁よりもより厳しいものである。

···

なぜ重要なのか:北朝鮮が国際的な対立を深める中で同国の石油の重要な供給源である中国が制裁よりも厳しい措置を講じていることは注目すべきことであり、国連は先週新たに北朝鮮への石油製品の輸出を年間50万バレルに制限する制裁を採択している。

フラッシュバック:ロイターによるとこれまで中国は老朽化したパイプラインを通じ北朝鮮に年間380万バレル、約2億ドル相当の石油を輸出していたとされる。また、北朝鮮はロシアからも原油の一部を輸入しているとされる。

NOW WATCH:税制回改革は米国企業の4000億ドルの海外現金を呼び戻す