バイデン前副大統領の次期大統領選出馬への兆候

Onebox News·

via TODAY

オバマ政権下で8年に渡り副大統領を務めたジョー・バイデン前副大統領は今や2020年の大統領選の有力な挑戦者の一人です。AP通信はバイデンが最新の会議の中で2020年大統領選への出馬をまだ決断していないもののその選択肢を来るべきのために保持したままにしていると伝えた。

最近のNBCニュースのインタビューの中でバイデンは「それが正しいか」ということに基づき2020年の出馬を判断すると述べた上で「私には出馬するかどうかを決断する十分な時間がある。」と続けた。

···

より多くの兆候:バイデンの長年の顧問はもし2020年に勝利した場合に史上最高齢の78歳で大統領となるバイデンがこれまでの大統領とは異なり2選を目指さず1期のみを務め、その後2024年の大統領選で彼の仲間がこれを引き継ぐというプランの可能性について検討している。

なぜ重要なのか:バイデンは決断していません。しかし、彼は既にオバマの2度の選挙キャンペーンに携わったグレック・シュルツを責任者に添えている政治行動委員会(PAC)を含む3つの政治組織を主導しており一貫してトランプの向こう側に居続け、常に出馬を出来るだけの状況を整えている。

NOW WATCH:特別検察官がケリーアン・コンウェイの連邦法違反を発表