オーストリア大統領選 リベラル派が極右勢力の勝利を阻止

EU史上初の極右大統領はならず、難民保護を訴えるリベラル派が勝利

Onebox News·
オーストリア大統領選 リベラル派が極右勢力の勝利を阻止
The Associated Press

EUの歴史上初めての極右勢力から大統領が誕生するのではないかと見られていたオーストリアの大統選挙。難民を受け入れたことにより高まった不満を原動力に躍進する難民排斥を訴える自由党の勝利を阻止するために、多くの政党が超党派でリベラル派で緑の党の元党首アレクサダー・ファンダーベレン(72)を支持、支援し自由党のホーファー第3議長(45)を破った。

事前調査では両者の支持率は拮抗しており、トランプなどを代表格に台頭するポピュリズム(大衆迎合主義)、難民排斥、孤立の勢いの強さにホーファーの勝利を予測するメディアも出始めていた中での勝利だった。

···

EU史上初の極右大統領阻止に超党派で協力

今回の選挙の対立軸は難民排斥を訴えてきた自由党と、移民や難民を保護するべきであるというリベラル派を中心とする多くの政党との戦いだった。もし、自由党が勝利すれば史上初のEUの極右大統領になることから緑の党の元党首で難民に寛容なリベラル派のファンダーベレンを中心に「反極右」という一点で超党派の結束をし、結果として極右大統領の誕生を阻止することに成功した。

自由党は元ナチス党員によって設立され、ドイツ民族による統一国家の樹立を掲げ、様々な極右団体と関係を持つと共に全ての問題は人種や民族によるものだと信じてやみません。オーストリアでは極右政党として見られ、その台頭に対する危機感が主義主張の異なる多くの政党の超党派での結束に繋がりました。

···

二人の主張の違いとこれから

ホーファーは、国境管理強化を始め難民に対する流入規制、ロシアと関係を回復させると訴え、対するファンダーベレンは国民に対し「理性で決定を下すべきだ」と呼びかけた。結果的にファンダーベレンが53%以上を獲得しホーファーは46%にどまり、「有権者は常に正しい」と自らの敗北を認めると共にファンダーベレンへ祝福を送るり、国民に対して団結するように呼びかけた。

しかし、46%がホーファー並びに自由党を支持したというのは見過ごせない事実で、開票僅か1時間で勝利を確実にしたとはいえ国内では移民や難民に対して嫌悪感や疑念などが見られる。ファンダーベレンは今後、失業率の改善やこれまで通りに移民や難民の保護を行っていくと明言している。

NOW WATCH:ハーバード・ロー・レビュー、初の黒人女性編集長が誕生へ

···