ロシア疑惑元捜査官は大統領選中にトランプをバカと呼んだ

Onebox News·

Andrew Harrer / Getty Images

ミュラー特別検察官によるロシア疑惑捜査のためにFBIから出向していた二人の捜査官ピーター・ストルゾクとリサ・ペイジはトランプが大統領に就任する以前の選挙期間中の2016年3月にペイジはストルゾクにトランプが嫌な人間でありバカだと送り、ストルゾクもトランプは悪い人であると送りこれに同調したと司法省が議会に提出した二人の375のテキストメッセージのやりとりから明らかになったとポリティコは伝えた。

ただ、二人は他のメッセージではヒラリー・クリントンの選挙チームやオバマ政権、議会や他の民主党議員に加え民主党のメリーランド州元州知事についても批判している。しかし、二人は特に選挙期間中のトランプの言動から彼がFBIを政治化するのではと特に恐れており、トランプの過去のセクシャルハラスメントについて言及したのちストルゾクは「彼は大統領にはなれない」と述べている。ペイジもトランプではなくクリントンが勝つべきだと述べていた。

トランプ側はミュラー特別検察官の捜査活動を調査するもう一人の特別検察官を設置することを求めている。

···

対応:7月下旬にこのやりとりを知ったミュラー特別検察官は直ぐに調査を開始し、その後ストルゾクを捜査から外した。また、もう一人の捜査官ペイジは既にミュラーのチームへの出向期間を終えていて、チームにはいなかった。

懸念:このやりとりはクリントンのEメール問題とトランプへの捜査が汚れているものだと主張する大統領や一部の共和党議員の格好の攻撃材料となる可能性があります。ストルゾクは先のクリントンに関する捜査でもチームとして加わっていたが調査はクリントン、トランプの両方の調査において偏見は見つからなかったと結論付けている。

注意:FBIでは個人として公の場で政治的な話題や候補者などについて意見を述べることが認められている。

NOW WATCH:トランプの別荘に税金が支払われた時