スナップチャットでみるスナップの初決算

Onebox News·

Snapchat

スナップの第1四半期決算は失敗だと思っている。多くの数字でアナリストの予想を下回っており現在の巨大な時価総額を正当化出来るだけの材料を持っていない。結果として株価は25%以上も下げ1月の株式公開での値上がり分を帳消しにした。

···

では、サービスとしてのスナップチャットで今回の第1四半期を見てみるとどうだろうか。デイリー・アクティブ・ユーザー(DAU)は1億6600万人と前四半期から5%増えたが、先月にインスタグラムがコピーしたインスタグラム・ストーリーズが2億人を達成したことを考えるとスナップチャットの成長性の低さは否定できない。2016年8月にスタートしたインスタグラム・ストーリーズはスナップチャット以上の速度で成長しており、今後もスナップチャットに影響を与えていく可能性が高い。スナップチャットはインスタグラム・ストーリーズの登場以降成長率を82%も落としている。

そして、今後スナップチャットが急速なユーザーの増加を取り戻すかあるいはARPUを上昇させなければ巨大な時価総額を正当化させることは困難で多くの投資家らが同社の価値に疑念を持つ可能性がある。

以下が今回公表された主要な数字だ。

  • DAU:1億6600万人、前四半期から5%増(+800万人)、昨年から36.1%の増加。増加率は依然低下気味だが前四半期よりかは多少改善。増加率はインスタグラム・ストリーズ登場前と比べ1/5、82%も落ちている。インスタグラムのストーリー機能のDAUは2億人を超え、スナップチャットより大きくなっている。
  • ARPU:0.90ドル、前四半期比14%増、前年比では181.3%増。ただ、収益化は2015年後半に始まったばかりで大幅な増加率はさほど重要でない。
  • 1ユーザーあたりのサーバー費:0.60ドル、前四半期からは低下した。
  • 平均利用時間:30分以上、前回の25分から上昇。これまで力を入れてこなかったアンドロイドに改善を加えたことが滞在時間増加につながった。
  • 平均投稿数:1日あたり30億、第3四半期からは上昇したがユーザー数の増加を考慮すれば特段上昇したわけではない。決算のグラフではこれを特段強調しているが、おそらくユーザー成長率の低さから目をそらさせるためにエンゲージを強調したもの。
  • 若年層からの高い支持:アメリカでは12歳から17歳までの80%以上がスナップチャットを利用しており、依然若者層からの高い支持を受けている。

NOW WATCH:DropboxはIPO価格を上方修正し100億ドルに迫る