共和党のもう一つのオバマケア暫定措置

Onebox News·

Drew Angerer / Getty Images

共和党のアレクサンダー、民主党のマレー両上院議員が発表した超党派によるオバマケア暫定措置が動く中でこれに反対する共和党議員らはもう一つの案を単独で進めている。オリン・ハッチ上院議員とケビン・ブレイディー上院議員の二人の共和党議員はアレクサンダー・マレー案よりはるかに保守的な案を発表した。

···

なぜ重要なのか:その先に二つの法案は必要ない。つまり超党派によるアレクサンダー・マレー案とハッチ・ブレイディー案のいずれかは議会を通ることは出来ない。そして、この共和党単独による保守的な案はこれまで共和党が単純過半数ですら法案を通せなかった時のように民主党を無視し法案を通そうとすることは非常に困難であり、60票を必要とするハッチ・ブレイディー案は現実的ではない。

もう一つのこと:超党派でのオバマケア暫定措置アレクサンダー・マレー案は議会予算局の試算によると10年間で約40億ドルもの赤字を削減することが出来ると結論づけた。この知らせはこの案を進める両者にとって良いニュースであり、共和党議員らを説得する好材料となるでしょう。そして、既にこの案は民主党の48票に加え、可決に必要な共和党の12票を得ており、それは可決に必要な60票に達したことを意味する。

より深く知る:民主党と共和党はオバマケアの暫定措置で合意に達する

NOW WATCH:サンダー・ピチャイがアルファベットの取締役に加わる