86%の米国人がドリーマーを米国に留めることを望んでいる

Onebox News·

Shawn Thew / EPA-EFE

幼少期に親に連れられアメリカに不法入国した若者を保護するDACA(ドリーム法)の撤廃が大統領によって宣言され、現在超党派でDACA取得者(ドリーマー)についての法的保護の議論が進む中でクイニピーアク大学の最新の世論調査は大半のアメリカ人が政治的な党派性に寄らずドリーマーがそのままアメリカに居住し続けるようにすべきと望んでいることを示している。

この調査報告によるとアメリカ人の86%がドリーマーが今後もアメリカに留まり続けることを認めるべきだと回答した。これには民主党員の92%と共和党員の76%も含まれる。また、この数字は昨年にABCニュース/ワシントン・ポストが行なった世論調査の数字と完全に一致する。

···

なぜ重要なのか:その他の調査などにおいても多くのアメリカ人が党派に寄らずドリーマーに法的な地位や保護が与えられるべきだと考えている。これはこの問題での超党派による合意を目指す民主党・共和党の両議員らを後押しするでしょう。

より深く知る:数字で見るDACA取得者

NOW WATCH:スナップチャットはレイオフと新規採用の縮小を決めた